乗馬クラブで馬に乗る|例を挙げれば納得のスタイル

乗馬

乗馬というスポーツ

スマイル

乗馬するなら乗馬クラブにいくといいでしょう。東京にも乗馬クラブが多数あります。乗馬クラブに行くことで乗馬可能といえます。ただ、乗馬クラブに行く前に乗馬にはどのような意味が込められているのか把握しましょう。

ウェスタンスタイルの方法

desk globe

「ウェスタンスタイルとブリティッシュスタイル」というふうに並んでみると、「あれ?音楽の話?」という感じになる人もいるかもしれません。たしかにブリティッシュロックもウェスタンミュージックもそれぞれ、ポピュラー音楽の分野でありスタイルであるわけですが、乗馬にもウェスタンとブリティッシュの二つがあるのです。東京の乗馬クラブで両方とも見ることが可能です。どちらも、「こういうものです」と例を挙げれば納得のスタイルですが、たとえばウェスタンスタイルというのはアメリカ西部のカウボーイのイメージです。「アメリカ西部のカウボーイ」と言えば、何だかピストルを持って保安官といっしょに決闘ばかりしていたような印象があるかもしれません。しかし、あれはジョン・ウェインのウェスタン映画のせいで、本来カウボーイたちというのは牛追い人のことを言いました。牛追い人たちは広大な大地の中で牛を放牧し、育て、さまざまな目的で売り、利益を得ていました。そして広い牧場の中で牛をまとめるためには人間たちだけでは用をなさず、犬や馬の強力が必要でした。そのために発展したのがウェスタンスタイルの乗馬だったのです。この乗馬は単純なスポーツというよりも、歴史的には牛を追うという作業の一環としてあるものだったので、馬とどの程度意思疎通をして、仕事のために効率よく動かすか、ということが重要になってくるものです。乗る人の格好としてもウェスタンスタイルを用います――つまり、分厚く丈夫なジーンズをはき、ブーツを付け、ハットをかぶります。厚い布と革製品の世界なのです。東京の乗馬クラブに行ってそれぞれの乗馬スタイルを確かめてみましょう。

乗馬のスタイル

女性

乗馬の方法は国により変わってきます。一般的といわれている乗馬の方法が2つあります。馬の乗馬方法を間違えないよう気をつけましょう。馬の機嫌をさかなでしないようにすることも大切です。

多くの人と出会える場所

男女

大人になってから退屈な日々を過ごしているという人は、社会人サークルが向いています。社会人サークルを利用すれば、人脈を広げたり、友達を増やしたりすることができます。