乗馬クラブで馬に乗る|例を挙げれば納得のスタイル

乗馬

乗馬のスタイル

女性

乗馬というものは長らく、移動手段のひとつであり、スポーツでもありました。現代でも乗馬クラブがあったり、乗馬体験の出来る牧場があったりして、たとえば騎手を目指そうと職業的に馬に乗ろうという人だけでなく、さまざまなひとが乗馬に触れているのです。また、乗馬というと、筋肉を躍動させた駿馬がパッパカと砂を巻き上げ鼻息あらく走っていくという激しく動的な場面を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、それほど激しくない乗馬もあり、子どもからお年寄りまで楽しめる所以となっています。馬というのは本質的にはおだやかな動物なのであり、やり方さえ間違えなければやさしくゆっくりとそのあたりを歩く……ということが可能になってくるわけです。鞍の上でバランスを取りながら、生き物の呼吸と歩行のリズムを感じながら、緑の中を歩いて行くスポーツとして、乗馬があるのです。馬の乗り方――というか、乗馬スタイルというものには、大きく分けて二つのものがあります。それは詳しく見てみると、世界じゅうで行なわれてきた乗馬であるのに、英米の二つの国風に分かれています。
ウェスタンスタイルとブリティッシュスタイルの二つです。乗馬クラブに行くと、方法により、衣装が変わっていることもあります。どのような装備をつけて乗馬するか把握しておくといいでしょう。乗馬の際は気をつけることも大切です。乗馬の際に転んでしまうと危ないといわれています。乗馬の際は乗馬クラブの説明を聞いておくといいでしょう。