乗馬クラブで馬に乗る|例を挙げれば納得のスタイル

乗馬

乗馬というスポーツ

スマイル

馬に乗っている人――スポーツとして乗馬を楽しんでいる人にはどういうひとがいるのだろう……と言うと、それは実は、「世代を超えてさまざまなひとが」と答えることが出来る感じなのです。乗馬というのは実は、現代では身近なスポーツのひとつです。広大な草地をパッパカ駆け抜けるという何だか英国貴族的な感じがするものだけではなく、たとえばちょっとした牧場で、体験的に馬に乗ることが出来る場が設けられていたりなど、それに触れる機会は多くあるのです。そのようなところを利用して、社会人サークルの中でも「スポーツをしている人たち」と分類されるべき人々が、交友を深めるべく馬に乗っているわけです。そう考えると、何となく乗馬が身近に感じられてくることでしょう。乗馬というものは、現在では生き物を使いスポーツするという意味では唯一のスポーツである、とも言われています。古来、ひとは馬に乗り、馬を駆動のための要素として扱って来ました。馬に乗って移動し、馬に車を引かせて馬車としました。それは産業革命が起き、移動手段が機械に移行していった頃まで続きました。馬は実に、犬と並んで長い歴史の中を、人間とともに歩んできた、また走ってきた、生き物だったのです。そして現代では乗馬というスポーツが残りました。スポーツとしての乗馬とはどんなものなのか、次から見ていこうと思います。乗馬の際には馬がどのような思いで人を乗せているのか考えて乗ることが大切です。